ジョイントベンチャー大作戦を決行します!

(動画が表示されない場合はプラウザのアドオンを実行してください)

すぐに申し込む!
印刷してじっくり読む!
田中氏
2012年6月18日
FROM:株式会社担当営業|田中正博
こんにちは、田中正博です。(プロフィールはコチラ

今、僕はとても興奮しています。
ここに、めちゃめちゃエキサイティングで、
きっとあなたにも喜んでもらえる一大プロジェクトを発表できるからです。

以下のリストの中で、あなたが手に入れたいものはありますか?

リスト

などなど、要するに、、、

今の自分に不足するもの(「ヒト」「モノ」「カネ」)を手に入れて

実は、その願いを叶える方法がここにあります。今から僕は最強のマーケティング戦略をあなたにお教えしましょう。その戦略を実行すれば、間違いなく、あなたの願いは叶うでしょう。先に結論をいいますが、最強のマーケティング戦略とは“ジョイントベンチャー(業務提携)”のことです。

なぜ、これが最強なのか?
それはもしもあなたが今、ビジネスをスタートしたばかりで、何も持っていない状況でも、ジョイントベンチャーを駆使すれば、今すぐにでも売上を上げることが可能だからです。ぶっちゃけ、今の僕の会社があるのはジョイントベンチャーのおかげです。僕のストーリーを聞いてください・・・

倒産のピンチを救ってくれたのは…

今から7年前の話です。ひょんなことから僕の会社はテレマーケティングとDMを使って、高確率で保険をセールスする販売手法を確立しました。販売方法はいたって単純。まずはテレマーケティングでDMの送付許可を求める。次に送付許可をいただいたお客様にお手製のDMを送る。

説明するとこれだけの話なのですが、この販売手法はシンプルであるがゆえに、いつ、どこで、誰がやっても同じ成果を出せるものでした。つまり、きわめて再現性の高い販売手法だったのです。

ところが、当時は創業したばかりで、僕の会社ではこの販売手法を活かせる十分なハウスリストを持っていないことがネックになっていました。ゼロからハウスリストを作ることもできたのですが、当然それには時間もお金もかかります。

一方、その頃、僕の会社は経営者としての僕の資質のせいで、創業したばかりで早くも倒産のピンチを迎えていました。死刑宣告までのカウントダウンに入っていたのです。すぐにでも売上を上げてキャッシュを稼がないと、「2、3ヶ月先にはマジで倒産・・・」という緊急事態。まさに、時間との闘いでした。

そんなわけで、当時の僕の会社では、ゼロからハウスリストを作るなんて悠長なことを言ってはいられない事情があったのです。このときの状況は・・・

腕はある。確実に「美味い!」と絶賛してもらえるレシピもある。
でも、目の前に料理の素材がないので提供できない・・・。

例えると、こんな感じでした。

そこで僕が考えたのがジョイントベンチャー(提携)です。全国には既に大量のハウスリストも保有している保険代理店がいる。しかも、そのハウスリストを自社で十分に活かし切れていない保険代理店もいる。であれば、そうした保険代理店にとって、僕の会社の販売手法は必ず大きな価値を提供できる。そう考えたわけです。

想定外に売上を爆発させる「秘密」とは?

僕は自前でハウスリストを集めるよりも、すでにハウスリストを持っている保険代理店とジョイントすることを優先しました。その方が手っ取り早く、しかも簡単に売上を上げられることに気付いたからです。そうして少しずつジョイントベンチャーを増やしていきました。

実際、このアイデアは大当たりでした。その後は全国312社の保険代理店と提携するまでになり、僕の会社は倒産のピンチを脱出して飛躍的に売上を伸ばすことができたのです。

全国の保険代理店とのジョイントベンチャー契約書の束

中には、誰もが知っているメガバンクや一部上場企業の系列代理店とも提携していて、それをお話しすると「なぜオタクのようなちっぽけな会社がそんな大手と提携できるのか?」と周りから不思議に思われることもしばしばです。

でも、実は僕はある「秘密」を知っていたのです。その秘密こそ、「ヒト」「モノ」「カネ」なしの状態からでも、ジョイントベンチャーを成功に導いて想定外に売上を爆発させる方法です。

その秘密を知ってからというもの、僕のビジネスの考え方は180度変わりました。ジョイントベンチャーの「威力」にすっかり魅了されてしまいました。おかがで今となっては、もっぱら僕のビジネスの中心はジョイントベンチャーになっている程です。以下はこれまで僕が取り組んできた代表的なジョイントベンチャーです・・・

ジョイントベンチャー1

起業して僕がすぐに取り組んだのがこの方法です。すでにお話したとおり、僕の会社にはテレマーケティングとDMを使って、高確率で保険を成約させる販売手法がありました。しかし、当時はその手法を活かせるハウスリストを持っておらず、また会社も瀕死の状態であったため、ゼロからリストを作っている時間もありませんでした。そこで、僕はこの販売手法を“商品”にして全国の保険代理店と「共同募集」することを考えたのです。

仕組みはいたってシンプルです。まず全国の保険代理店からハウスリストを提供してもらいます。次にそのハウスリストに向けて、僕の会社の販売手法を使ってセールスを行います。最後に、そこから成約になった販売手数料をシェアしてもらうという方式です。結果として、このビジネスでは顧客リストがゼロの状態からでも、7年間で312社の保険代理店と共同募集を行って約1万5千件もの保険を販売することができました。(手数料にするとウン億円になります)

では、なぜ僕が312社もの保険代理店とジョイントできたのか?
それは○○○○を変えたからです。これが「ジョイントベンチャー#1」の成功の秘密です。

ジョイントベンチャー2

これはもっとも簡単で、そして一瞬にして売上アップを図れる方法です。しかも、そのためにあなたがやることはたった1つ。顧客リストに情報を流通させるだけです。従って、もしあなたが顧客リストを持っていれば、今すぐにでも取り組めるジョイントベンチャーのアイデアになるでしょう。

例を挙げます。ご存知かもしれませんが、僕は2つのマッチングサービスをメルマガ読者に提供しています。ひとつは「アフラック代理店のリクルート」で、もうひとつは「見込客紹介サービスのリクルート」です。もちろん、これらもジョイントベンチャーのひとつです。さらに最近になって、ある保険会社からもう1つ同じようなジョイントベンチャーのオファーが来ていますので、近々でご紹介するつもりです。

て、こうしたマッチングサービスですが、僕はメルマガ読者に「これこれ、こういうビジネス(サービス)がありますよ!」とご紹介しているだけです。でも、それでも「アフラック代理店のリクルート」では全国でダントツ1位の紹介実績を誇っていますし、「見込客紹介サービスのリクルート」でもこれまでに100社を超える紹介実績を計上しています。

もちろん、いずれも紹介実績に応じた手数料が入る仕組みになっていて、その売上累計はといえば、あまり大きな声で言えませんが、社員2人分の人件費と事務所家賃を支払ってもオツリが来るくらいの報酬になっています。(そうはいっても、マッチングサービスは誰も損しない仕組みですからご容赦ください)

では、その報酬を受け取るために僕はやったとこといえば?
ぶっちゃけ、僕は何もしていないのです。強いていうと、定期的にメルマガで案内しているだけです。新商品(新サービス)を開発したわけでも、コストをかけているわけでも、ましてや誰か人の手を借りているわけでもない。メルマガで案内して資料請求があれば、その都度、ジョイントベンチャーの相手に報告しているだけなのです。

ここにひとつの事実があります。あなたの売上を最大化するには商品ラインアップを増やさなければいけません。けれど、実際には、あなたが提供できる商品(サービス)の数は限られていますよね。

では、どうすればいいのか?
ジョイントベンチャーで他人の商品(サービス)を売ればいいのです。ただし、その商品ラインナップは○○○○でないと意味がないのですが、多くの人がこのポイントを見落としています。でも、それでは売上を上げることは難しいのです。

なぜか?
これが「ジョイントベンチャー#2」の成功の秘密です。

ジョイントベンチャー3

商品ナシ、コストをかけずに、新規事業を立ち上げて一気に売上を上げる方法です。これまたご存知かもしれませんが、昨年末から僕は士業や保険代理店向けに「賃料適正化コンサル認定講座」という新しいビジネスを立ち上げています。そして、これもジョイントベンチャーによって生まれたビジネスです。

きっかけは自社開催セミナーで回収したアンケートにありました。そのセミナーは、あるホームページのテンプレートを使って法人リストを集めるノウハウについて公開する内容で、実際にこのノウハウを使えば、本当に面白いほど優良な法人リストをザクザク集めることが可能なのですが、問題は別のところにありました。

セミナー終了後、参加者からアンケートをもらって、僕は“ある重大な事実”に気付いたのです。アンケートを見ると、かなりの参加者が「集客する前の段階」でつまずいていました。つまり、このノウハウを使って「誰のリストを集めるのか?」という根本的な問題で彼らは悩んでいたわけです。では、なぜそのような状態になっているかというと、彼らには「見込客に提供できるコンテンツ(ウリ)がなかった」のです。

ここに僕は“ニーズ”を発見しました。ならば、僕が彼らの見込客に提供できるコンテンツ(ウリ)を提供しようと考えたわけです。とはいえ、僕自身はそのコンテンツ(ウリ)を持っていません。そこで、コンテンツ(ウリ)を持っているジョイントベンチャーの相手を探すことにしたのです。

このとき僕には心当たりがありました。ビジネス作家でもあり、不動産投資コンサルタントでもある、午堂登紀雄氏です。彼の関連会社では、テナント賃料の適正化(減額)サービスを提供していたからです。そこで僕は彼に、「賃料適正化(減額)サービスを士業や保険代理店が集客の“切り口”として活用できるよう『賃料適正化コンサル認定講座』というパッケージにして商品化したい」と声を掛けました。幸いにも彼は二つ返事で快諾してくれて、「賃料適正化コンサル認定講座」というビジネスが誕生したわけです。

その結果、どうなったか?
「賃料適正化コンサル認定講座」は受講費用1人12万円と高額ながらも、これまで2回の開催(集客も2回)で、累計受講生75名(75名×12万円=800万円)もの盛況ぶりを誇っています。

では、なぜ午堂氏は快諾してくれたのか?(僕が知人だからではありません、念のため)そして、たった2回の集客だけで、売上800万円を上げることができたのか?
これが「ジョイントベンチャー#3」の成功の秘密です。

ジョイントベンチャー4

僕の会社には営業マンが1人もいません。いるのは事務社員とパート社員だけです。従って、これまではもっぱら通信販売で完結できる商品(サービス)ばかりを取り扱ってきました。しかし、ここにきて、かなりの高確率で法人を集客できる手法を開発することができました。「ジョイントベンチャー#3」でも触れた「賃料適正化(減額)」を“切り口”にしたテレマーケティングとダイレクトメールの集客モデルです。

問題は集客した後です。ここで集客した見込客には法人保険を販売するのが目的なのですが、そうなると、高額案件につき、どうしても営業マンが必要になってきます。このような場合、おそらく多くの経営者は自社で営業マンを雇おうと考えると思います。結果として、自社で雇用した方が儲かるケースもあるでしょう。

でも僕は営業マンを雇わないと決めています。その理由は単純で、僕にはマネジメントの資質がないからです。教育やらモチベーションアップやら行動管理やら・・・こうしたマネジメントの仕事は僕にとってはストレス以外のなにものでもありません。だから、やらないし、やらねばならない状況にもしないようにしています。とはいえ、法人保険を販売するには営業マンの力が必要です。

そこで僕はどうしたか?
ここでもジョイントベンチャーを考えました。僕は在籍する営業マンがほぼ全員(MDRT会員)というある大型代理店にアプローチをしました。その結果として今、東京と大阪の2ヶ所で共同募集を行っていて、その代理店の営業マンには僕の会社で集客した見込客をほぼ毎日訪問してもらっています。

では、どうしたら自社よりも大きな相手とジョイントベンチャーできるのか?
すべてはアプローチ次第です。要は、「これを断ったらアホでしょ」という提案が相手にできるかどうか?
これが「ジョイントベンチャー#4」の成功の秘密です。

ジョイントベンチャー5

最後にとっておきの方法をご紹介します。それは複数のジョイントベンチャーを組み合わせてひとつのビジネスモデルを完成させる方法です。うまくすると、この方法から莫大な売上機会が生まれます。実際、僕は「ジョイントベンチャー#3」と「ジョイントベンチャー#4」を組み合わせて、今後僕の会社の“稼ぎ頭”になるだろうビジネスを立ち上げました。当然、2つのジョイントベンチャーを組み合わせたわけですから、キャッシュポイントも2つあります。そして、さらに、売上を派生させることも可能です。

その方法はといえば・・・
そう、新たなジョイントベンチャーを加えればいいのです。

ポイントは見込客の○○○にフォーカスすることです。そうすることで、この先あなたは見込客から感謝されながら商品(サービス)をいくらでも売ることができるのです。これが「ジョイントベンチャー#5」の成功の秘密です。

これらはほんの一例です。正直、自分でも正確に把握できていないのですが、事務所にある契約書を数えたらざっと400件はありましたので、たいていの方よりも経験と実績は積んでいると自負しています。

他にも僕の会社ではあらゆる事業領域でジョイントベンチャーを行っていて、今後もジョイントベンチャーのタネを探し、そして、ジョイントベンチャーを続けるでしょう。ジョイントベンチャーこそが僕の会社のような「超」がつくほどの零細企業でも、一瞬にして想定外に売上を爆発させる唯一の方法だと確信するからです。

「でも私には無理なんじゃないか…」と思ったあなた!

さて、こういう話をすると、「それはアンタだからできたんだよ!」なんて悲観的な考え方をされて、今すぐ行動に移せない方がいらっしゃるのですが、そんな方はほんの少しだけ“考え方”と“行動”を変えてみてください。

すでにあなたがビジネスをしているなら、いずれにせよ、日々誰かに営業活動を行っているはずです。だったら、その営業活動の相手を変えてみる。実は、ジョイントベンチャーとはたったこれだけのことなのです。しかも、まずはジョイントベンチャーの相手は1人でいいのです。そう、たった1人でいいわけです。ジョイントベンチャーならたった1人の相手を見つけるだけで、もの凄い売上に化ける可能性があるわけです。従って、、、

その、たった1人の相手をいかにして見つけるのか?
これを考えて実行に移した方が、セールスで10人、100人の見込客を見つけるよりも、どう転んでも「簡単で効果的ですよね?」という話なのです。

ところが、ここでたいていの人は思考停止してしまいます。なぜなら、「相手を見つけるのが大変・・・」「自分なんかとジョイントしてくれるだろうか・・・」と考えてしまうからです。

そして、またいつもの営業スタイルに戻ってしまうのです。

このような状態を「トンネルビジョン」といいます。トンネルビジョンとは、読んで字のごとし。「私は**だから**できない」と自分で自分の視界を閉ざしてしまう状態です。つまり、“視野狭窄”のことです。

しかし、見方を変えてみてほしいのです。たとえば、あなたが日頃テレアポで見込客を集客していたとします。そうなれば、少なくとも毎日数十人の見込客の「断り」と戦っているわけですよね。

だったら、何を恐れる必要があるのでしょう?
その「断り」の相手が見込客からジョイントベンチャーの相手に変わるだけの話です。またあるいは、ダイレクトメールやFAXDMを使って見込客を集客していたとします。これも同じです。送る相手を変えるだけです。

そう、やることは同じ。ならば、日頃の努力の何分の一かを割いて、「一瞬で売上を爆発させることができるチャンスに賭けてみてもいいんじゃない?」というのが僕からあなたへの提案なのです。

なぜ、「ヒト」「モノ」「カネ」なしの状態からでもビジネスを一瞬で軌道に乗せられるのか?

簡単な話です。ジョイントベンチャーとは、自分にないものを、他人から借りて売上に変える技術だからです。従って、ジョイントベンチャーという手法を使えば、今のあなたの状態がどうであれ、ビジネスの停滞要因を一瞬で解消できるのです。例えば・・・

もしあなたが優秀な営業マンを必要としているのなら、優秀な営業マンを探せばいい。もしあなたがハウスリストを持っていないのなら、膨大なハウスリストを持っているが活用し切れていない相手を探せばいい。もしあなたがハウスリストを持っていてさらに売上を伸ばしたいなら、最適な商品(サービス)を供給してくれる相手を探せばいい。もしあなたが新商品(サービス)を開発するための十分な資金を持っていないなら、共同で開発してくれる相手を探せばいい・・・etc

これら全部、実際に僕がやっていることです。

繰り返しますが、まずはその相手はたった1人でいいわけです。通常のセールスでは、見込客を1人見つけても、ビジネスに大したインパクトを与えないことが多いですが、ジョイントベンチャーならたった1人の相手を見つけるだけで、とんでもない売上のレバレッジを手に入れることも可能なのです。

例えば、今のあなたの「売上を伸ばす公式」は次の3つしかないわけですが・・・

  • 1.顧客数を増やす
  • 2.顧客単価を上げる
  • 3.購入回数を増やす

もしこれらをほんの少し(0.3倍)だけでも可能にしてくれるジョイントベンチャーの相手が1人でも見つかれば、あなたの売上は次のように幾何級数的に増えていきます。しかも、ジョイントベンチャーなら、短期間に、リスクなしで、コストをかけずに、実現できるのです。

幾何級数的レバレッジを生み出すジョイントベンチャー

だったら、やらない方がどうかしていますよね?

とはいえ、何事も徒手空拳では成功確率を高めることはできません。それはジョイントベンチャーも同じこと。片っ端から、闇雲に、考えなしでアプローチを続けても良い結果は得られず、時間と労力をいたずらに浪費するだけで終わってしまいます。また、苦労してジョイントベンチャーの相手を見つけても、そこから何の成果も得られなければ、そもそもジョイントベンチャーの意味がないわけです。

では、そうしたボトルネックを取り除いて、成功確率を高めるにはどうすればいいのか?

ここからが僕の出番です。おまかせください。僕のジョイントベンチャーの「秘密」をあなたにステップ・バイ・ステップでお教えしましょう。教えるだけじゃありません。実際に、あなたのジョイントベンチャーを成功させるお手伝いもいたします。それが、今回開催する、、、

短期間で「ドッカ~ン!」と想定外に売上を伸ばせる

それでは作戦概要をお話します。作戦内容は2つあります。1つはジョイントベンチャーを成功させる「秘密」をあなたにレクチャーするパートです。これは“セミナー”というスタイルで行います。もう1つはあなたのジョイントベンチャーを実行援助するパートです。これは“サービス提供”というスタイルで行います。

それぞれを詳しく解説しましょう。

作戦

作戦イメージ

これまで僕が培ってきたジョイントベンチャーを成功させる「秘密の公式」を、誰でも簡単にマスターしてもらえるよう、ステップ・バイ・ステップで実践できるコンテンツとして2冊のテキストにまとめました。そのテキストをもとに、「秘密の公式」についておよそ3時間半にわたって語り尽くしたのが本DVDです。

作戦イメージ

その内容の一部をご紹介しますと・・・

どこで、どうやって、最高の相手を見つけて、ジョイントベンチャーを始めるか?
→ 簡単な話です。2つのことを実践するだけです。たったそれだけで、これまでのあなたがいくつも見逃していたジョイントベンチャーのビッグチャンスを引き寄せることができます。
ジョイントベンチャーでライバルの100歩先を行く方法
→ ジョイントベンチャーで顧客の○○○○を売れば、この先のあなたには相見積りとは無縁の世界が広がります。つまり、顧客に「どうしますか?」と聞けば、「ぜひお願いします」となるわけです。
よし、ジョイントベンチャーを始めよう。でも、ちょっと待った!
→ ジョイントベンチャーのパートナーを探す前に、必ずこの6つの質問の「答え」を用意してください。さもないと、いくら努力しても相手から見向きもされません。では、その6つの「答え」とは?
ジョイントベンチャーの相手が喉から手が出るほど欲しがるものは何か?
→ ズバリ、この2つです。従って、これら2つの課題に対して、あなたが相手に何らかの貢献ができるならジョイントベンチャー実現の可能性は大いにアリです。
探せば必ず見つかる!ジョイントベンチャーの4つのアイデアとは?
→ 「顧客リストがない」「商品(サービス)がない」「資金がない」の状態からでも、ココに着眼するだけでジョイントベンチャーは生まれます。あなたがこれからビジネスを始めるなら“最高の方法”がこれです。
ジョイントベンチャーの相手が自動的に見つかる18のチェックリスト
→ 誰とジョイントベンチャーすればいいのかわからない?そんなときは、この18のチェックリストを使ってください。あなたがジョイントベンチャーすべき相手が自動的に見つかります。
相手にオファーする前に絶対にこの3つの軸と6項目を考えてください!
さもないと、よくある典型的な2つの失敗パターンに陥ってしまいます。とりわけ、オファーの相手があなたよりも多くの経営資産を持っている場合は必須条件です。
ズバリ、相手にとって魅力的なオファー(提案)の3大要素とは?
→ ジョイントベンチャーを相手に提案して断られてしまう理由。それは、その提案に魅力がないからです。では、どうすれば魅力的な提案になるのかといえば、その要素は3つです。
ぜひ一緒にやりましょう!」と相手に言わせるオファー(提案)の作り方
→ まずはこの3つを考えます。この3つで相手が断る理由を塗り潰していきます。それを考えたら、この3つのポイントを抑えれば完璧です。かなりの確率で相手から「YES」の返事がもらえるはずです。
このリストの中で、あなたが取り組めないジョイントベンチャーはありますか?
→ 実際に僕が取り組んでいる(きた)ジョイントベンチャーのリストを公開します。この中で、必ずあなたにも取り組めるジョイントベンチャーが見つかるはずです。
保険代理店・士業にとって狙い目のジョイントベンチャーの相手とは?
→ それは、○○○をやっている相手です。というのも、間違いなく、この相手はたくさんの「顧客リスト」を持っているからです。例えば、僕もその1人です。良い提案ならすぐにジョイントベンチャーを検討します。
どうしてもその相手とジョイントしたい。だったらこうアプローチしてください!
→ ジョイントベンチャーの相手に個別アプローチを行うとき、多くの人がセールスと同じ間違いを犯してしまいます。個別アプローチの目的は○○○○です。従って、こうアプローチするのです。
自宅にいながら、指1本で、ジョイントベンチャーの相手を開拓しよう!
→ 実は、自宅にいながら、指1本だけで、ジョイントベンチャーの相手を探すことも可能です。その方法がFAXDMを使ったアプローチです。高反応を叩きだしたFAXDM実例を2つご紹介しましょう。
Eメールを通じてジョイントベンチャーを成立させる方法
→ こんなEメールが届きました。あなたならこれを読んで抵抗できるでしょうか?
無料で商品(サービス)を広告して「売上」と「顧客リスト」を同時に手に入れよう!
→ こんな提案をすれば相手も快諾してくれます。そして、あなたは無料で「売上」と「顧客リスト」という貴重な報酬を受け取ることができるのです。ポイントはあなたが○○やることです。
他人(他社)の商品を再利用してジョイントベンチャーを仕掛ける賢い方法
→ その話を聞いたときは目からウロコでした。実際、僕が販売している営業教材を購入して、それをうまく使うことでジョイントベンチャーをされている方がいます。この方法ならあなたにも簡単にできるはずです。
ジョイントベンチャーを成功させる4つのゴールデンステップ
→ この4つのステップに従えば、ジョイントベンチャーの成功確率は飛躍的に向上します。
ジョイントベンチャーであなたのビジネスが盤石になる3つの理由
→ ジョイントベンチャーはあなたに想定外の売上をもたらすだけではありません。あなたのビジネスに次の3つの得難いベネフィットをもたらします。もの凄く重要なことです。この意味がわかりますか?
  • (1) あなたの○○○○を短縮します。
  • (2) あなたの○○○を高めます。
  • (3) あなたのビジネスに○○○○を構築します。
ジョイントベンチャーを大成功させる一番大事なコンセプトとは?
→ 相手の○○のメリットまでを視野に入れてジョイントベンチャーを創造する。これに尽きます。
ジョイントベンチャーで失敗する2つのパターン
→ 結局、ジョイントベンチャーの失敗は2つのパターンに集約されます。ひとつは相手にメリットを提供できていないこと。そして、あなたが知らない「落とし穴」がもうひとつあります。これは必須条件です。
ジョイントベンチャー初心者がもっとも犯しやすいミスとは?
→ こんなアプローチは時間のムダです。そして、これは初心者がもっとも犯しやすいミスです。
簡単なテストでWIN-WINの関係を証明する方法
→ ジョイントベンチャーの相手には必ずこのテストを行ってください。それを渋る相手とは一緒にジョイントベンチャーをやらないことです。たいてい後でトラブルが発生します。
ジョイントベンチャーの相手が見つかった!で、その後はどうすればいい?
→ 相手が見つかったら、すぐにこのステップを踏んでください。これは、せっかくのジョイントベンチャーを空中分解させないための防衛策です。鉄は熱いうちに打て!これが鉄則です。
リストを借りる場合は「個人情報保護」の問題が心配…
→ そんなときは、こうすればいいのです。実は、ジョイントベンチャーの相手にリスクを感じさせず、「それだったら、ぜひお願いしたい!」という方法があります。この方法を提案してみてください。
あなたのお客様をジョイントベンチャーのパートナーにする方法
→ もしあなたが「お客様は商品(サービス)を売る相手」とだけ考えているなら損しています。実際、僕はかつてお客様だった相手とジョイントベンチャーをしています。そして今、お互い十分なメリットを享受しています。
あなたのジョイントベンチャーを成功させる5つのケーススタディ
→ はい、これは僕の成功事例です。ジョイントベンチャー着想の経緯、具体的手法、そして実践結果までを本音ベースで包み隠さず公開します。次のケーススタディで必ずあなたにヒントを提供できるはずです。
  • (1) 顧客リストがない状態から一気にビジネスを軌道に乗せて
          累計1万5千件の保険を販売する方法
  • (2) 顧客リストに情報を流通させるだけで
          1円のコストもかけずに想定外の売上を上げる方法
  • (3) 商品ナシ、コストをかけずにスタートして
          たった2回の集客だけで売上800万円を上げる方法
  • (4) 給料なしで、全国のトップ営業マンを雇う方法
  • (5) ジョイントベンチャーを組み合わせて
          複数の事業収益(収入の流れ)を構築する方法

・・・などなど、これらはDVDでお話する内容のごくごく一部です。たとえあなたがビジネスをはじめたばかりで、何も持っていなくても(僕がそうだったように)、ジョイントベンチャーを駆使して短期間で想定外の売上を上げる「秘密」のすべてをお教えします。

作戦2

この作戦はジョイントベンチャーの成功ノウハウをお伝えするだけではありません。実際に、僕が保有するネットワークと仕組みを総動員して、あなたに必要な経営資産を持ち、かつ、あなたの持つ経営資産を最大限に活かせるジョイントベンチャーの相手を探すお手伝いをいたします。具体的には、この作戦では、あなたのジョイントベンチャーを成功させる“プラットフォーム”を用意しています。

読者数約7千名のメルマガであなたのジョイントベンチャーをマッチング!

僕は次の2つのメルマガを運営しています。いずれも週1回配信しているものです。読者数は併せて約7千名ですが、特定読者に向けた自社配信媒体としてはソコソコの規模を誇っていると思います。ちなみに、読者層は以下のとおりで、北は北海道、南は沖縄まで購読者がいらっしゃいます。

  • 1.“保険代理店向け”に発行している読者数約5千名のメインメルマガ
  • 2.“士業(行政書士・社労士・税理士)向け”に発行している読者数約2千名のサブメルマガ

これらメルマガ購読者リストは僕にとってメチャクチャ大切な「資産」です。というのも、現在このメルマガ読者リストから僕は3千万円を超える売上を上げていて、そうなるまでには過去5年間にわたって莫大な時間と労力、そして資金を投資して“読者との関係性を構築してきた”からです。従って、タウンページで公開されているメールリストとはその意味合いが全然違います。(実際、あなたもメルマガ読者の1人ですよね?)

さて、今回の作戦では、僕の大切な「資産」を、あなたのために貸し出すつもりです。つまり、この2つのメルマガを使って、あなたのジョイントベンチャー候補を探すお手伝いをいたします、というわけです。

どういうことか?
繰り返しますが、僕のメルマガ読者の大半は保険代理店と士業です。中には、保険代理店(ファイナンシャルプランナー)で士業とジョイントベンチャーしたいというニーズもあるでしょうし、その逆もしかりでしょう。また、保険代理店(ファイナンシャルプランナー)同士でジョイントベンチャーしたいというニーズもあるはずですし、士業同士でジョイントベンチャーしたいというニーズもあるはずです。要するに、そうしたニーズを僕のメルマガを使ってマッチングさせるということです。

具体的には以下の「ジョイントベンチャー特設サイト」でマッチングを図っていきます。詳細は商品購入後の「ご利用案内」にて解説しておりますが、特設サイトにはあなたの情報を事前に公開しておきます。(個人情報は非公開) その後、僕の方で2つのメルマガを使って特設サイトを告知し、あなたのジョイントベンチャーの相手を探すお手伝いをしていきます。(メルマガで定期的に継続告知を行います)

ジョイントベンチャー大作戦画像

メルマガによる告知の結果、特設サイトを見て、「あなたとのジョイントベンチャーに興味がある!」という相手がいれば、僕の方に連絡が入る仕組みになっています。そうなれば後は個別フィードバックです。あなたとその相手とでジョイントベンチャーの内容や条件面などを直接話し合ってください。折り合いがつけば、ジョイントベンチャーの誕生です。お互いガンガン売上を上げちゃってください!

マッチングの流れ

このマッチングでは、業種業界の垣根を超えてジョイントベンチャーを行うことで、業界を震撼させるような「革新的なブレイクスルー」も生まれるかもしれません。いつだってビジネスの世界はやったモン勝ちです。

そう考えると、ジョイントベンチャーの無限の可能性にワクワクしませんか?

もしあなたが僕のように特定読者に向けて数千人規模のメルマガを発行しているなら、こうしたサービスにさほど価値は感じないかもしれません。いや、むしろ逆ですね。数千人規模のメルマガ発行者なら、これが「いかに価値あるサービスか?」を理解してもらえるはずです。

正直、1人1人のマッチングには手間もかかりますし、相応のオペレーションコストもかかるので、通常なら有料サービスでお願いしたいところです。しかし、今回は完全無料でご提供します。僕にとってみれば鼻血が出るほどの出血大サービスです。だから後にも先にも今回限りとします。

申し込む
次の3つの参加特典をご用意しております!

もちろん、今回の作戦はこれで終わりではありません。とっておきのプレゼントを用意しています。いつもセミナー終了後にアンケートを取ると、「参考になりました!」というコメントをいただきます。それはそれで主催者としてはうれしいことではあります。でも僕としては、参考にしてもらうのではなくて、その方にセミナーで話した内容を実践して、そして成果を上げてもらいたい、これが本音です。

今回のテーマはジョイントベンチャーです。作戦終了後は「ジョイントベンチャーが決まりました!」という喜びの声をぜひ聞かせてほしいと心底願っています。ですから今回は、あなたのそんな声を聞かせてもらうために次の3つの参加特典を用意しました・・・

特典1

特典1イメージ

ジョイントベンチャーの相手に、何を、どう提案すればいいかわからない?
それならここで紹介する25の提案コンセプト(テンプレート集)を使ってください。セールスレターでも、電話でも、対面でも使えます。このテンプレート集に掲載されているのは、例えばこんな提案です・・・

自社の顧客リストを使ってジョイントベンチャーしたい!

あなたの売上をとんでもなく拡大させることのできる魅力的な方法を見つけました。通常は進出しえない市場に参入することができます。通常ならば入手できない利益が得られます。年に何度も複数年に渡って購入してくれる顧客を獲得できます。私はあなたにこれら全てをもたらすことができます。もちろん、それらを提供するのにコストは1円もかかりません。私が全ての作業を受け持ちます。売上管理は全てあなたが行ってもいいし、お手間なら私の方でやらせていただきます。あなたはご自分のビジネスよりもこちらでより多くの収入を得るでしょう。(詳しく説明させてください・・・)

優秀な営業マンとジョイントベンチャーしたい!

私はクライアント企業の顧客リストの中で、これまで見過ごされていた収益、未開拓の収入を引き出して発掘するサービスを行っています。ビジネスの仕組みは完成しており、すでにクライアント候補も見つけているのですが、それをプレゼンしてくれる人材を探しています。私はビジネスの仕組みを構築し、マーケティングによって見込客を集客することは得意なのですが、正直言ってセールスは苦手です。そこで苦手分野を自分でこなすよりも、あなたとジョイントベンチャーを組んであなたが見込客にセールスを行って契約を獲得するたびにパートナーとして、継続的にその利益を分け合いたいと思っています。(詳しく説明させてください・・・)

・・・他にもジョイントベンチャーの提案パターンが満載です。このテンプレートを読むだけで、メキメキとあなたのジョイントベンチャーのアイデアが芽生えるはずです。この世の中に、ジョイントベンチャーという稼ぎ方が存在する限り、いつでも何度でも使えるテンプレート集です。あなたのジョイントベンチャーを成功させる秘密兵器としてぜひ活用してください。

特典2

特典2イメージ

作戦終了後、おそらくあなたはすぐにでもジョイントベンチャーに取り組みたいと考えるでしょう。でも、ちょっと待ってください。スタートする前に、必ずジョイントベンチャーの相手とは契約書を交わすことです。経験上、これをないがしろにして、“なあなあ”でスタートすると後で要らぬトラブルを招いてしまうからです。(きちんと契約書を交わしてくれない相手とはジョイントベンチャーしないことをおすすめします)

そうはいっても、どんな契約書を作ればいいのか?
あなたがジョイントベンチャー初心者ならそう不安に思うでしょう。そこで、ジョイントベンチャー契約書のサンプル集を用意しました。サンプル集はこれまで僕が実際に締結してきた契約書の中で、厳選した10種類のジョイントベンチャーのアイデアについて取り交わしたものです。具体的には以下の契約書サンプル集です・・・

  • 1.共同募集契約書(対保険代理店)
  • 2.覚書(対保険代理店)
  • 3.紹介業務契約書
  • 4.業務委託契約書
  • 5.業務提携契約書
  • 6.秘密保持契約書
  • 7.著作物利用許諾契約書
  • 8.販売委託契約書
  • 9.共同開発契約書
  • 10.コンサルティング契約書

通常であれば、これらの契約関係でジョイントベンチャーに取り組むことができるはずです。参考資料として、あなたのジョイントベンチャーにご活用ください。ただし、これらの契約書はどれも僕が実際に締結しているものですが、あなたの契約関係を法的に保証するものではありません。万一、トラブルが生じた場合でも一切の責任は負いかねますので、その点だけは留意してください。

(※契約書の記載内容について心配であれば行政書士などの専門家に依頼することをおすすめしますが、ゼロから契約書の作成依頼をするのと比べたら何分の1かのコストで済むはずです)

特典3

特典3イメージ

どうしても一緒にジョイントベンチャーに取り組みたい相手がいる。でも、見知らぬ相手にどうやってアプローチすればいいのかわからない。そんなときは、ここに収録されているテンプレートを使ってください。ジョイントベンチャーの相手を落とすために僕が書いたメールDM、FAXDMのセールスレターです。これらをCD-Rに収録してお届けします。いずれもWORD原稿ですからコピー&ペーストなどして編集のうえ活用ください。

申し込む
さらに、特別メールコンサルティングを開催します!

今回の作戦では、ジョイントベンチャーという最強のマーケティング戦略について、より一層の理解を深めていただくために作戦参加者の中から希望された方のみ、僕、田中正博による特別メールコンサルティングを開催いたします。ジョイントベンチャーに取り組むにあたって不安なこと、アドバイスしてほしいこと、アイデアをもらいたいこと・・・何でもお気軽にご相談ください。

また、相談内容によっては、僕のネットワークを使って、あなたにジョイントベンチャーの相手を直接ご紹介することも可能ですし、その相手に僕がパートナーとして立候補することもあります。ぜひご利用ください!

メールコンサルティングは特設サイトから受付いたします。特設サイトのURLは当日会場でご案内しますので、希望される方はそちらに設置している専用フォームから詳細をご入力ください。相談内容は1通1通必ず目を通して、遅くとも2営業日以内にはお返事を差し上げます。

ただし、セコイ話で恐縮なんですが、僕も経営者として他人様の相談ばかり乗っていられませんので、受付期限は2012年6月30日(土)迄とさせていただきます。これ以降は専用フォームを閉鎖しますので、ご相談は期間中にお願いします。(申し訳ございません)

肝心の作戦参加費用はいくらなのか?

さて、この作戦の参加費用です。参加費用について触れる前に、くどいようですが、この作戦で僕はこれからあなたがジョイントベンチャーで成功するための一切合財を提供しています。セミナーでは、僕のジョイントベンチャー成功の「秘密」をたっぷり4時間かけてお教えしますし、サービス提供では、2つのマッチングサービスで実際にあなたのジョイントベンチャーの相手を探すお手伝いもいたします。加えて、あなたに差し上げる特典の数々と特別メールコンサルティングです・・・

このことを踏まえたうえで、参加費用について考えてみてください。今回の作戦の参加費用は26,250円です。これが高いと思うのなら、参加はあきらめてください。参加費用には手作業につき相応のコストがかかるマッチングサービスの利用料金も含まれていますので、これでも採算度外視の価格設定にしています。

早期割引

参加費用のお支払いは代金引換払いになります。商品と引き換えに参加費用をお支払いください。お支払方法は、「①現金」「②クレジットカード」の2つからお選びいただけます。なお、商品はお申し込み後、2営業日程度でお届けします。

申し込みの流れ
申し込む
これでもまだ参加を躊躇する理由がありますか?

『ジョイントベンチャー大作戦』では、これまで僕が培ってきたジョイントベンチャーを成功させる「秘密の公式」を、2冊のテキストをもとに、およそ3時間半にわたって語り尽くしています。その内容については実際にセミナーを受講された方々のコチラの評価をご覧いただけば、十分お分かりいただけるでしょう。

加えて、僕が発行する2つのメルマガ(読者数7千人程度)を使って、あなたに必要な経営資産を持ち、かつ、あなたの持つ経営資産を最大限に活かせるジョイントベンチャーの相手を探すお手伝いもいたします。

そのうえ、あなたにすぐにでもジョイントベンチャーに取り組んでもらえるよう、3つの参加特典をプレゼントしたうえで、困ったときの特別メールコンサルティングまで提供しています。

もしも今回の作戦より費用対効果の高いセミナーDVDがあったら僕に教えてください。すぐにそれを上回るコンテンツをDVDかCDRに収録してあなたにお届けします。また、作戦終了後、「この内容でこの金額は安い!」とあなたに思ってもらえなければ、参加費用も全額返金いたします。メール1本、電話1本でOKです。

どうでしょう?
これであなたにリスクはないはずです。

この作戦で僕は、最低でも参加費用の10倍以上の価値をあなたに提供するつもりです。実際、それだけの価値ある内容だと自負していますし、保証を付けることで、あなたのリスクも取り除きました。

今回のテーマはジョイントベンチャーです。ぶっちゃけ、この作戦がきっかけになって、ジョイントベンチャーの相手が見つかれば、参加費用なんてタダみたいなものでしょう。一夜にして、あなたのビジネスの停滞要因を吹き飛ばしてしまう。ジョイントベンチャーはそれだけ破壊力があるマーケティング戦略です。

何度でも繰り返しますが、ジョイントベンチャーの相手が1人でも見つかれば、あなたの売上は幾何級数的に増えていきます。しかも、それは短期間に、リスクなしで、コストをかけずに、実現できるのです。この作戦では、今の僕にできるベスト(あなたがジョイントベンチャーで成功するための一切合財)を提供しています。

そのうえで判断してください!
これでもまだ、あなたに参加を躊躇する理由がありますか?

今日を境に、ほんのちょっとだけ努力の方向性を変えてみてください。日頃のあなたの営業努力の何分の一でも、いや、何十分の一でも割いて、ジョイントベンチャーという最強のマーケティング戦略を採り入れてみてください。そうすれば、あなたのビジネスは大きく生まれ変わるはずです。

その変化を日々僕は実感しています。
次はあなたの番です!

あなたからのお申込みをこころよりお待ちしています。

田中正博
申し込む

追伸
僕のことをよく知らない方、これまで僕のセミナーに参加したことのない方にとっては、そのクオリティを図る尺度も必要でしょう。そこで、今回のセミナーを含めて、過去に僕のセミナーにご参加いただいた方々から寄せられた「お客様の声」を以下に掲載しております。参考にしていただき、判断材料のひとつとしてください。

申し込む
お問い合わせはこちら

株式会社担当営業「ジョイントベンチャー大作戦!」担当係
〒254-0042 神奈川県平塚市明石町6-13 つるやビル1階
E-mail:info@tantoueigyou.com TEL:0463-25-1191/FAX:0463-25-1194

ページトップへ

VOICE
VOICEイメージ

非常にコストパフォーマンスの高いセミナーでした!
もう一度損保代理店にジョイントを仕掛けようと思っていたのでセミナー参加を決めました。実際に実績を出されている講師のお話しは非常にインパクトがありました。又、保険業界出身でいらっしゃるので私にも非常に身近に感じました。すぐに取り組みたいアイデア、ヒントがたくさんあり、楽しみです。非常にコストパフォーマンスの高いセミナーでした。

【新潟県/Oさん】

単なるセミナーとは全く違って活用出来るスキームが完成されている!
田中さんのセミナーだから申込みました。すぐ実践できる様、何から何まで準備されているので素晴らしいです。単なるセミナーとは全く違って活用出来るスキームが完成されていますね。今後、新たに事業を増設する際にも参考になりました。

【東京都/Sさん】

再度チャレンジする勇気をいただきました!
過去にJVを試みるも、上手く機能せず、実績に結び付かなかった。“役割分担”することの盲点や自社の弱い分野は強い、得意とするパートナーとの連携することの大切さを改めて学ぶ機会になりました。契約書等のひな形も参考になり、再度チャレンジする勇気をいただきました。ありがとうございました。良い結果をご報告したいです。

【東京都/Mさん】

クライアント数3倍を目標にやっていきます!!
タイトル(ジョイントベンチャー大作戦!)をみてセミナーの参加を決めました。具体的で面白かったです。受講しながらアイデアがたくさん出てきました。明日から即実際にやっていきたいと思います。クライアント数3倍を目標にやっていきます!!

【群馬県/IさN】

いつもながら上げ膳据え膳のセミナー!
田中社長のセミナーだから申込みましたが、いつもながら上げ膳据え膳のセミナーで本当にありがたいです。後はやるだけって感じです。セミナーの翌日にいただいた契約書のテンプレートを使って業務提携を決めてきました!今月中には収益が発生しそうです。ありがとうございました。

【S県/Fさん】

教えていただいたアイデアを元に自分のビジネスを加速させます!
田中先生の事例を見てセミナー参加を決めました。JVの方法を1から10まですべて教えていただき、ありがとうございました。教えていただいたアイデアを元に自分のビジネスを加速させます!参加させていただきほんとうにありがとうございました。

【神奈川県/Kさん】

早速「3つの軸」と「6つの項目」をあげ、リスト化します!
「売る相手」を変える、「売るモノ」を変えるという営業活動に大変興味があったのでセミナー受講いたしました。詳細に「ジョイントベンチャー」についてお話し頂きまして、早速「3つの軸」と「6つの項目」をあげ、今、自分に何が足りないのか、どんな提案が出来るのか、リスト化したいと思います。本日は本当にありがとうございました。初めて田中様のセミナーに参加させて頂きました。分かりやすく、とても聞き易かったです。是非、ジョイントベンチャーとして売上アップしたいです。

【長野県/Yさん】

本当に具体的なお話!
ジョイントベンチャーの有効性はジェイ・エイブラハムやダン・S・ケネディの著作からも聞いていたのと、田中さんの本その他メルマガから是非セミナーを受けたいと思って参加しました。生保の個人代理店を起業したので、どのように営業活動を行うかを考えています。本当に具体的なお話で、とても参考になり、実践的で良かったです。具体的にどの様にするかも、自分なりのアイデアも浮かびました。明日から是非実行に移したいと思います。ありがとうございます。

【群馬県/Yさん】

25,000円は安いと思います!
田中氏自身が生保営業をされており、営業の仕組み作りと協業(JV)で成功実績を挙げられているのでセミナーの参加を決めました。一般的な営業論や話法などのテクニックではなく、田中氏自身が築きあげた方法と視点など、惜しみなく提供され素晴らしい気付きを頂きました。CD-ROM(テンプレート)etcなど、25,000円は安いと思います!(申込時は少々不安でしたが・・・) 私自身が田中氏とのJVに申込みたいです! ドクターマーケット(東京・千葉・神奈川・埼玉)

【東京都/Tさん】

voice
御社の「小冊子マーケティング」を購入させて頂いており、その内容が非常に良かった点、セールスレターの重要性を感じ、内容についても間違いないと信頼していた点からセミナーに申し込みました。頂いた資料については満足する内容のものでした。これからはセールスレターを簡単に作成して売上を上げる為に、今までとは違った方向で努力していきたいと思っております。正直、この金額でこの内容は非常に安い買い物をしたと思ってます!!

【入野拓司さん/高知県】

voice
当日参加させて頂く迄は、田中さんの6年間の集大成が3時間でどれだけ伝わってくるのか不安もあって、正直ツール目当てみたいなところもありました。しかし、実際お話を聞いていると、まさに実践されたからこそ話せるといったお話で、とても腑に落ちる内容でした。セミナーが終わった後に、これだけ手応えや自信を与えてもらえたのは初めてでした。ここまで具体的に参加者に「実践」してもらうことを考えたセミナーに参加でき、本当に有意義で、さっそく「実践」しています。

【T・Kさん/東京都】

voice
新規の集客ができる文章を作ることが出来るようになりたいと思ってセミナーに申し込みました。セールスレターはパーツの集合体であり、対象にあわせて組み合わせるというのが新しい気付きでした。また、DMを開封させるテクニックも新しい気付きでした。テンプレート、文例集も盛りだくさんで、田中様の実践に基づいた今日から使えるセミナーでした。すぐに使わせていただきます。

【清原稔之さん/東京都】

voice
貴社で実際に結果を出された内容でしたので、大変役に立ちました。また、頂いた資料も多く、この金額で、ここまで提供して大丈夫と心配になるくらいです。講師のカリスマ性で勝負といったセミナーではないので(田中様申し訳ありません)、きちんとこの仕組みを理解し、実行すれば、結果が出ると感じます。以前から「36倍売れた!仕組み思考術」、及びメルマガを読ませて頂き、自分ながら実践させて頂いております。BtoBの新規開拓。即契約とはいきませんが、アポ獲得率は格段に上がりました。TEL【資料送付依頼】⇒M⇒TEL【アポ確認】、電話はスクリプトに沿ったもので、オペレーターのスキルではありません。「普通はこの手の電話は断るのに、何で会っても良いと思ったんだろう」というコメントも頂きました。
追記:専門のマーケティング会社等のセミナーより内容が濃いと思います。これからも有益な情報をお願いします。また、セミナーに参加したいと思います。

【「でん」さん/神奈川県】

voice
まさか○○サイトを切り口に見込客になりうる情報を集めるとは思いませんでした。これは保険業界では誰も持っていないノウハウで、しかも、割安な料金で公開していただいて感謝です。私は以前メルマガ&HPをやっていたのですが、うまくいかずにやめたのですが、その原因もわかりました。さっそく今夜、何の○○サイトを作るのか頭を悩ませてみます。

【行実さん/福岡県】

voice
弊社は健康器具の体験販売をやっています。見込み客にイベントを告知する手段としてチラシを用いています。チラシについては、薬事法をクリアしながら、1,000枚に一人の見込み客を集めることに成功していますので、それなりに喜んでいます。しかし、年々、新聞の購読数が減ってきていますので、タウンプラス(配達地域指定冊子小包郵便)等の、新しい宣伝方法を早急に構築する必要に迫られています。その新しい宣伝方法にはチラシに代わるセールスレターを作らなければなりません。そこで、最強のセールスレターの作り方が欲しかったのです。セミナーに参加して、非常に参考になりました。以前から、パーツの組み合わせでチラシを作っていましたから、セールスレターもその方法で良いとわかりました。ただ、チラシと違うことは多く、「なるほど、なるほど」の連続でした。今後もこのようなセミナーがあれば、ぜひ参加して、勉強してみたいと思っています。

【I・Hさん/大阪府】

voice
お客様が知らず知らずのうちに、ひきこまれ、興味をもち、みずから申し込む過程を役立てたいと思いセミナーに申し込みました。ありがとうございます。中味が濃く、なるほどと思い、参考になります。データ、資料、内容など、これまでの手法がわかりやすくあり、思わずうなってしまうほどです。久しぶりに価値あるもので、身に付けたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。感謝して。

【O・Mさん/岩手県】

voice
オンラインについてはPPC広告に頼っていましたが、それ以外の手法として○○サイトから見込みリストを集める手法がとても勉強になりました。オフラインの集客については未知の部分だったので、テンプレートをいただくことができて感謝します。今日の内容を自分の業かいに落として展開していきたいと思います。

【藤井さん/東京都】

voice
これまでに、いろいろなセミナーに参加してまいりましたが、そのほとんどが講義スタイルで、講師の一方通行のみ、ビデオ、録音も制約され、セミナー会場を離れたと同時に、頭の中は空っぽ。何のためにセミナーに参加したのかと、参加費用を返してもらいたいと思うことがほとんどでした。しかし、田中さんのセミナーは一味も二味も違っていました。しっかり準備された資料とCDまで配布される気配りは田中さんの企画力、創造力はもとより、参加者を引っ張る情熱が凄いと関心しています。そして、やさしさも感じられます。それもご苦労されたんだなと感じないわけにはまいりませんでした。これからもよろしくご指導の程、お願い申しあげます。

【K・Hさん/福島県】

voice
田中さんの著書を拝読して実地に活かしておりましたので、今回セミナーに参加しました。ヒントが満載で有意義なセミナーでした。

【西さん/神奈川県】

voice
小冊子マーケティングセミナーのDVDを購入して、田中さん自身の魅力は十分伝わっておりましたが、保険代理業をこれから始める、また一方で中小事業主との関わりを持ちたい自分にとっては、参加費以上に充実した内容となりました。あとは実践です。私の生活のために頑張ります。

【片桐さん/静岡県】

申し込む
お問い合わせはこちら

株式会社担当営業「ジョイントベンチャー大作戦!」担当係
〒254-0042 神奈川県平塚市明石町6-13 つるやビル1階
E-mail:info@tantoueigyou.com TEL:0463-25-1191/FAX:0463-25-1194

ページトップへ

プロフィール
プロフィールイメージ

1973年、神奈川県生まれ。山羊座のB型。早稲田大学商学部卒業後、明治安田生命に就職、後にアフラックに転職し、平成17年7月に保険代理店向けに営業支援サービスを提供する株式会社おまかせホットラインを創業。「ヒト」「モノ」「カネ」なしの状況から「断られない」「訪問しない」独自の販売手法で、同社を創業2年半で年商1億円に急成長させる。しかも、社員は業界未経験のド素人のパート社員のみ。中でもテレマーケティングとダイレクトメールを駆使したセールスを最も得意とし、その独自の販売ノウハウを活かして全国315社の保険代理店に営業支援サービスを提供。毎年2回程度開催の自社セミナーは毎回キャンセル待ちになるほど大盛況を誇っている。

平成20年、保険代理店・士業向けに営業コンサルティングサービスを提供する株式会社担当営業を創業。平成23年、保険代理店・士業・コンサルタントといった高度な業務知識を必要とするプロフェッショナルに、“本業を活性化させ、さらに新たな収益を生み出すビジネスキャリア(事業)”を提供することを目的とした一般社団法人事業創造支援機構の設立に参画し理事に就任。「賃料適正化コンサル認定講座」を開講し保険代理店・士業・コンサルタント向けに新たなビジネスキャリアを提供している。

プロフィールイメージ

また、平成22年、かねてからの念願であった「モノ作り」に挑戦。100%純国産の傘ブランド、『Tlaloc(トラロック)』を立ち上げ、消えゆく日本の「傘作り」を守るため傘屋としても活動中。テレビ、新聞、雑誌等のマスコミから「盗まれないエコ傘」として注目を集めている。

著書に『36倍売れた!仕組み思考術』(ライブドアパブリッシング)がある。『ありえへん∞世界』(テレビ東京)、『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京)、『知っとこ!』(TBS)、『えなりかずき!そらナビ』(TBS)、『雑学王』(テレビ朝日)、『月刊アントレ』(リクルート)、『BIG TOMORROW』 (青春出版社)、『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』 (荒濱一・高橋学著/光文社)、『黄金の仕組み』 (中山マコト著/WAVE出版)、『40歳からの捨てる人脈術』(中山マコト著/学習研究社)など、起業家として多数のメディアで紹介されている。

プロフィールイメージ3
申し込む
お問い合わせはこちら

株式会社担当営業「ジョイントベンチャー大作戦!」担当係
〒254-0042 神奈川県平塚市明石町6-13 つるやビル1階
E-mail:info@tantoueigyou.com TEL:0463-25-1191/FAX:0463-25-1194

ページトップへ

特定商取引法・個人情報保護

特定商取引法
販売業者 株式会社おまかせホットライン/株式会社担当営業
運営統括責任者 田中正博(たなかまさひろ)
所在地/連絡先 〒254-0042 平塚市明石町6-13 つるやビル1階
E-mail:info@tantouiegyou.com
電話: 0463-25-1191(代表)
FAX: 0463-25-1194
URL http://www.jointventure-gs.com/seminar/
申込方法 WEB上の申し込みフォーム ※365日×24時間受付
申込有効期限 注文受付から14日以内
商品代金以外
の必要料金
・価格表示はすべて税込価格
・送料・代引手数料
商品引き渡し時期 注文受付から10日以内に発送
返品について ご本人の都合による返品は受付不可(返品保証は除く)
販売条件 日本国内に限る
プライバシー保護 当サイトはお客様のプライバシーを第一に考え運営しております。お客様の個人情報は厳正は管理の下で安全に蓄積・保管しております。当該個人情報は法律によって要求された場合、あるいは当社の権利や財産を保護する必要が生じた場合を除き、第三者に提供することはありません。
個人情報保護法

株式会社おまかせホットライン、及び株式会社担当営業(以下、当社といいます)は、当社が運営するウェブサイト(以下、サイトといいます)をご利用いただいた際にご提供いただくお客様の個人情報の取扱について、以下のような考え方を定めています。

1.個人情報の収集・利用・提供について
当社は個人情報を収集する場合においては、収集目的を明確にし、適法かつ公正な手段をもって収集し、利用においては、当該業務の目的に沿った範囲内とし、個人情報を提供いただいた方から同意がある場合、または正当な理由がある場合を除き、第三者への開示あるいは提供をいたしません。

2.個人情報の管理について
当社は提供をいただいた、ならびに、収集した個人情報を厳正な管理の下で安全に蓄積、保管し、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改竄および漏洩などに関して、予防措置を講じるとともに、万一の発生時には速やかに是正対策を実施いたします。

申し込む
お問い合わせはこちら

株式会社担当営業「ジョイントベンチャー大作戦!」担当係
〒254-0042 神奈川県平塚市明石町6-13 つるやビル1階
E-mail:info@tantoueigyou.com TEL:0463-25-1191/FAX:0463-25-1194

ページトップへ